カテゴリ:星景( 14 )

大山と天の川

2019/03/09

春が本格的に訪れる前に撮りたかった写真です。大山(鳥取県伯耆町)の積雪が残っているうちに「大山まきばみるくの里」から天の川を撮影しました。

b0222467_19362904.jpg

by Yoshinobu_Kanao | 2019-03-15 19:40 | 星景 | Comments(0)

旧大社駅のD51と星撮り

旧JR大社駅に保存展示されているD51 774 は、1974年(S.49)11月30日に本州内で最後に走った最終営業運転の牽引蒸気機関車である。
営業運転を終了した翌年1975年1月25日には廃車保管をされていたが、大社町が無償貸与を受け、出雲大社神苑に展示されていたという。
1990年(H.2)にJR大社線が廃止になった後、宮殿風造りの駅舎を残すことになり、同年7月に整備が終わり旧大社駅として公開されていたが、2001年(H.13)になり、旧大社駅整備施策の一つとして、大社町合併50周年を機に出雲大社の特別な高配により、旧大社駅に移設展示されたものである。

b0222467_00193100.jpg

b0222467_00193098.jpg

22時まで旧駅舎がライトアップされています。

by Yoshinobu_Kanao | 2019-03-10 00:25 | 星景 | Comments(2)

GW星撮りツアー

去年のGWは大山と天の川撮影ツアーをしましたが、今年は一晩中月明かりの影響を受けるので、星の光跡撮影ツアーで鳥取・島根県を訪れました。

まずは鳥取県米子市の南に位置する南部町の広大な田んぼの真ん中にポツンと浮かぶ、まあるい小さな森。ジブリ映画『となりのトトロ』の世界を思わせるその可愛らしい姿から、“トトロの森”の愛称で親しまれているこの森は、「客神社(小原神社)」という名の歴史ある神社です。森の影で分かるように左手上空に月が煌々と輝いていましたが、1枚辺り30秒ずつ約45分間連続撮影した写真を比較明合成で仕上げました。レンズヒーターを使用してなかったため途中でレンズが曇ってしまいましたが、次回は田んぼに水が張った頃にリベンジしたいです。

b0222467_16352924.jpg

次は去年のGWも天の川を撮影した大山まきばみるくの里。ここは深夜でもカメラマンを問わず星空を楽しみに来る人が多いですが、この日は自分たち以外に1組いただけでした。やはり月明かりの影響で薄っすらとしか天の川は写らなかったので、約1時間で切り上げて次を目指しました。

b0222467_16352853.jpg

最後に訪れたのは平成11年に「日本の棚田百選」に認定された島根県の山王寺の棚田。雲南市大東町の北東部標高300mの山腹に位置し、面積19ha、棚田数約200枚を有し、地区の農家により守られています。休耕している田んぼも多いみたいですが、また天の川狙いで再度訪れたいです。朝の4時過ぎに到着したので星は微かに写っただけでしたが流れ星が運良く入りました。

b0222467_16352942.jpg

残りのGWはお天道様と相談しながら初めての場所で撮影できたらと思います。

by Yoshinobu_Kanao | 2018-04-30 16:58 | 星景 | Comments(0)
2017/12/09
お台場レインボー花火が終わった後は東京タワーへ向かいました。当日の夜は雲ひとつない晴天で星撮り日和。20:00〜22:00の限定ライトアップ「ダイヤモンドヴェール仕様のクリスマスツリー」の真下で星を回しました。大展望台のハートマークもワンポイントになって、東京で星を撮るのも悪くないと感じました。

b0222467_19292551.jpg

iso:100 f:5 ss:10 ×232枚の比較明合成




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Yoshinobu_Kanao | 2017-12-25 19:36 | 星景 | Comments(0)

備後の天の川巡り

b0222467_18240882.jpg

b0222467_18242907.jpg

b0222467_18244269.jpg

b0222467_18245738.jpg

ホタルの撮影を終えて、あと数時間で月が沈む頃合いだったので、帰りに鞆の浦(福山市)の弁天島、玉津島方面と浦崎町(尾道市)の沖の観音、厳島神社の鳥居と天の川を絡めに行きました。3枚目の沖の観音はもっと広角で海の映り込みを撮ればよかったと課題が残りました。

撮影して時間を空けずにSNSに投稿する習慣があります。やはり当ブログと比べてSNSの方がアクセスの即効性、拡散性に関しては圧倒的に優位です。でもそれはSNS内だけの話で、検索を通じて過去の記事にアクセスがあるのはブログならではです。現に去年のツネイシ花火が記事ランキングに入っています。そういう意味で、ブログに投稿する写真は撮影して時間がある程度経っているので再現像する余裕もあり、清書版を仕上げる位置づけになりつつあります。そこにブログの投稿を継続する面白さを感じます。

参考までに登録しているSNSのリンクを貼っておきます。現像の違いが分かる写真が見つかるかも知れません。







by Yoshinobu_Kanao | 2017-06-11 20:38 | 星景 | Comments(0)

大山と天の川撮影ツアー

桜の撮影がひと段落ついて、GWの初っ端は大山で天の川の撮影に挑みました。
まず植田正治写真美術館の前から昇り始めの天の川を。

b0222467_19590818.jpg

車の通行やホテルの明かりに影響を受けるので天の川が昇り始めたのを確認して大山まきばみるくの里を目指しました。

b0222467_19590764.jpg

雄大な景色と満天の星を目の当たりにして、時間が過ぎるのを忘れさせてくれるお気に入りの場所です。

b0222467_19590841.jpg

此方は大山の北壁と天の川を望める豪円山のろし台。昨年の秋に昼間来て目星をつけていました。

b0222467_19590613.jpg

最後に大山町豊房で締めくくりました。
同じ場所でずっと撮影していると天の川が段々と大山から離れていくので場所を変えながら撮影して回るのが有効的でした。
流星群のピーク時は、まきばみるくの里でじっくり腰を据えて撮影してみたいです。

by Yoshinobu_Kanao | 2017-05-03 20:18 | 星景 | Comments(2)

冠雪の大山撮影記

大山が冠雪している間に行っておきたくて色々周って来ました。
まず植田正治写真美術館の裏の池。風が強くて写り込みが弱かったですが、晴天に映える大山が美しかったです。

b0222467_16370944.jpg

植田正治写真美術館の正面から。ずっと眺めていたくなるのどかさがたまりません。

b0222467_16405768.jpg

大山まきばみるくの里へ。道路は完全に除雪されていますが、駐車場から奥の施設まで積雪がまだ残っていました。

b0222467_16432610.jpg

b0222467_16434521.jpg

b0222467_16441574.jpg

b0222467_16451902.jpg

b0222467_16452860.jpg

最後は再び植田正治写真美術館の前で星を回しました。月明かりが冠雪した大山を浮かび上がらせてくれて、満足のいく仕上がりになりました。
次は雪が残っているうちに天の川とコラボさせてみたいです。

by Yoshinobu_Kanao | 2017-03-20 16:49 | 星景 | Comments(0)

原爆ドームと星空

広島市内へライブ撮影に行った帰り、少し時間に余裕があったので
以前から挑戦してみたかった原爆ドームと星空の撮影を。
同じ県内に住んでいても、今まで訪れることが少なかったこの地。
あれから数十年の時が流れても、地鳴りのように轟く無数の叫び
或いは、叫ぶこともできずに一瞬で奪われた尊い命や生活、街並み...。
そうした現実に起こったことを心の真ん中で受け止めて、今を生きられることに
当たり前に感謝しなければならないと考えさせられました。

b0222467_19534048.jpg



by Yoshinobu_Kanao | 2017-03-14 20:07 | 星景 | Comments(0)

夜な夜な星景撮影

1/3は「しぶんぎ座流星群」のピークということで撮影に出掛けました。
星の撮影ならもっと山奥へ行って街明かりの影響を受けない場所で広角や魚眼レンズを使って空を広く入れる方が流れ星が写る可能性は高くなります。
それより「星と何を一緒に撮るか」に重きを置いて何点か候補を挙げて、それぞれ1時間ずつコンポジット撮影をして比較明合成しました。

まず最初に福山駅の新幹線ホームから福山城を入れて撮影。福山城のライトアップが終わる22時過ぎから最終が到着する0時までが撮影のチャンスです。
以前福山城と夕焼けを絡ませたことがあり、このアングルから星を撮ってみたかったのです。

b0222467_21231824.jpg

次は曙公園のSL(D51)を入れて撮影。ここは10歳まで住んでいた家から徒歩1、2分で来れる思い出の場所です。
当時は柵を乗り越えてかくれんぼをして遊んでいました。

b0222467_21255928.jpg

最後に内海大橋へ。橋のライトアップが海に写り込んで夜に撮影するのが好きな場所です。
流星群の放射点が北東ということでこのアングルで構えましたが、結果は惨敗。。。

b0222467_21281206.jpg

三大流星群のひとつなので期待していましたが、なかなか甘くないですね。。。
それでも最小限の移動で長く撮影できて、とても有意義でした。


by Yoshinobu_Kanao | 2017-01-04 21:31 | 星景 | Comments(2)
遠距離の旅に出て、花火以外に腰を据えて撮影するのは初めてでした。
本当の目的地は別にありましたが、前日の天気予報を見て急遽立ち寄った静岡県静岡市清水区の薩埵峠。
富士山と車の光跡を撮りたくて富士市からレンタカーで向かいました。到着した当日は富士山の山頂に雲がかかっていたので夕方下見をしにいきました。ほとんど真っ暗になって山頂の雲が薄くなり始めているのを確認して翌日朝の3時に起きて再び訪れました。

b0222467_21220963.jpg

明るくなるまでの間にコンポジット撮影した中の1枚に流れ星が写っていました。

b0222467_21232381.jpg

駐車場から数分歩いて展望台に向かうのですが、朝4時過ぎの段階で展望台とその周辺に多くのカメラマンで溢れかえっていました。

b0222467_21250917.jpg

東名高速と国道1号線(富士由比バイパス)を走る車の光跡と富士山。12月初旬でしたが、道路が凍結する心配のない場所の中で一番行きたかった薩埵峠で良いコンディションの富士山が撮れてよかったです。

b0222467_21295983.jpg

薩埵峠で陽が昇るまで待って紅富士を撮るか悩みましたが、ふじのくに田子の浦みなと公園で富士山を見たい衝動に負けました。移動中に見た紅富士は見事でしたが、写真に収めることができなかったのが心残りです。。。

b0222467_21374132.jpg

富士市のホテルを後にして、この後は今年最後(だったはず)の花火撮影に向かいました。

by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-23 21:40 | 星景 | Comments(4)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D / Canon EOS 6D Mark Ⅱ


by Yoshinobu.Kanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31