人気ブログランキング |

富士山撮影旅行

伊豆縦貫道〜忍野八海〜精進湖〜今宮の茶畑〜山中湖花の都公園〜忍野の水溜

到着した4/27の夕方、かかっていた雲が晴れたら見事な冠雪の富士山が現れました。去年の今宮の茶畑と比べたら、富士山の雪の量は軽く3倍以上あったので、良いタイミングで行って来れました。それと去年は月の出時刻の影響で星撮りは断念したのですが、今回は星のブチ回しと天の川の撮影ができて満足のいく撮影旅行となりました。

b0222467_23385109.jpg

b0222467_23385193.jpg

b0222467_23384996.jpg

b0222467_23385023.jpg

b0222467_23385008.jpg

b0222467_23385025.jpg

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-05-01 23:41 | 富士山 | Comments(0)
2019/04/20
所用でライトアップに間に合わなかったこともありますが、満月の光だけで要害桜を浮かび上がらせて星の光跡撮りをしました。撮影を始めて2時間くらい強かった風が止んで、一旦片づけたカメラを再度セッティングして1時間撮り直しました。

b0222467_22460315.jpg

欲を言えば天の川と絡めて撮りたかったのですが、さすがに満月の夜は無理でした。田んぼに写り込む定番の構図より、このアングルの要害桜がお気に入りです。

b0222467_22460376.jpg

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-24 22:48 | | Comments(0)

桜の花筏長秒撮影

花びらが散りはじめた川沿いの桜並木へ出掛けました。川を流れる散った花びらの動きに注視し、川の手前と奥側が違う動きをしているポイントを見つけて撮影すると面白いです。日中なのでシャッタースピードを長くするためにNDフィルターを2枚重ねて装着して、これらの写真は30秒の花びらの動きを写しています。

b0222467_22050455.jpg

b0222467_22050391.jpg

b0222467_22050430.jpg

b0222467_22050497.jpg

止まっているものと動いているものを画角に入れたのがこだわりです。機会があれば、もう少し引きの画角で絵になるポイントで同様の撮影をしてみたいです。


# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-16 22:17 | | Comments(0)

上野池の星景

「上野池の星景」

庄原上野公園の上野池を中心に植えられた600本の桜は日本さくら名所100選に選ばれ、夜桜の美しさは西日本有数と言われています。満開時は22時までライトアップされており、風のない夜は厳島神社の鳥居一帯が上野池に写り込んで写真としてよく映える人気の場所です。
夜12時頃に訪れ、鳥居を中心にして星の光跡撮りをしているうちに木星がどんどん高く昇り始め、徐々に天の川が姿を現しました。

b0222467_22191212.jpg

b0222467_22191162.jpg

b0222467_22191160.jpg

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-15 22:21 | | Comments(0)

満天の星と醍醐桜

「醍醐桜」

種類:アズマヒガン
樹齢:1000年
目通り:7.1m
根本周囲:9.2m
枝張り
東西南北:20m
樹高:18m

この2年は満開時に一晩中月明かりが煌々としていましたが、今年は早い時間に月が沈んで天の川と絡めて撮影することができました。2枚目の写真は深夜3時半から約45分間の光跡撮りをしたのですが、ライトを照らしながら醍醐桜を目指す人の多さを物語っています。

b0222467_10394813.jpg

b0222467_10394985.jpg

b0222467_10394812.jpg


# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-14 10:41 | | Comments(0)

白竜湖花火 in だいわ

2019/04/06「白竜湖花火 in だいわ」

メイン会場前に流れる川は去年の豪雨災害の影響で川幅が狭くなっていたり、以前はなかった砂利の中洲がありました。花火の打ち上げ場所周辺には土石流の跡もあり、自然の猛威の爪痕が残っている中で広島県下平成最後の花火大会が開催されました。今回撮影した道の駅「よがんす白竜」前の川に大きな石がモニュメントのように並べられており、詳しい経緯は定かではありませんが、おそらく豪雨災害時に流れ着いたものと推測されます。
ちょうど桜が咲き揃いつつある状態ということもあってか、比較的早い時間から多くの人で混み合う中、季節の移ろいを楽しむ幸せを感じる一方で、自然がもたらした脅威と背中合わせに日常があることを忘れてはいけないと思いました。

b0222467_22394978.jpg

b0222467_22395030.jpg

b0222467_22395188.jpg

b0222467_22395126.jpg


b0222467_22395045.jpg

b0222467_22395000.jpg

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-11 22:51 | 花火 | Comments(0)

春の九州一花火大会

2019/03/30「第5回 西日本最大級 春の九州一花火大会」

チューリップと花火を絡ませたくて、今年もハウステンボスに入場して撮影しました。
去年撮影した場所は、背面に噴水ショーのアトラクションが夜から開催される影響で夕方以降は立ち入り禁止になったため、花火打ち上げ開始1時間前になってドタバタしながら撮影場所を探しました。

b0222467_19365598.jpg

b0222467_19365607.jpg

b0222467_19365652.jpg

b0222467_19365668.jpg

b0222467_19365576.jpg

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-10 19:44 | 花火 | Comments(0)

福泉坊の枝垂れ桜

広島県福山市沼隈町中山南にある寺院「福泉坊」は、樹齢約300年の枝垂れ桜が有名です。樹高約12メートル、枝張り約20メートルのエドヒガンの1本桜は本当に圧巻です。ライトアップやライトアップ後の星回しに加えて、今年は天の川も狙ってみました。

b0222467_21275615.jpg


b0222467_21275682.jpg


b0222467_21275796.jpg


b0222467_21275742.jpg


# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-07 21:30 | | Comments(0)

奇跡の醍醐桜

2019/04/01
新元号「令和」が発表されたニュースで持ちきりだったこの日の夕方、たまたま雪が積もった醍醐桜がライトアップされているライブカメラを見て、飛び起きるように撮影に出向きました。まだ開花を目前に控えた状態でしたが枝まで雪で覆われていて、雪の華が咲き誇っていました。辛うじてライトアップに間に合って2、3枚撮っているうちにライトが消えました。

b0222467_01381101.jpg

b0222467_01381192.jpg

b0222467_01381124.jpg

新元号発表に国中が歓喜に沸いたこの日、標高500mのこの地で寒気に沸いたうちのひとりとして、撮影できたことを嬉しく思います。当日も翌日も仕事だったため天の川の昇る時間まで撮影できなかったことが悔やまれます。

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-04-06 01:51 | | Comments(0)

雨上がりの朝に

2019/03/20
今朝は田尻のだるま朝日のために早起きをしたのですが、家を出た瞬間、霧に覆われていたので咄嗟にグリーンラインを目指しました。このように芦田側下流域まで雲海状態になるのは極稀なので、仕事の前でも早起きをした甲斐がありました。

b0222467_17250209.jpg

b0222467_17251047.jpg

b0222467_21074952.jpg

まるで雲海製造工場のような光景に朝からテンションが上がりました。

# by Yoshinobu_Kanao | 2019-03-20 17:26 | 雲海 | Comments(2)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D / Canon EOS 6D Mark Ⅱ


by Yoshinobu.Kanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31