お台場レインボー花火

今年は県外の花火を多く撮影する機会がありました。締め括りは数年前から気になっていた東京都の「お台場レインボー花火」です。

b0222467_18571399.jpg

10分間の短い花火の割に人気の高いスポットは早い時間から三脚が埋まっているので、比較的空いている海沿いを陣取りました。

b0222467_18593391.jpg

b0222467_18594733.jpg

b0222467_18595818.jpg

b0222467_19000566.jpg

b0222467_19001261.jpg

b0222467_19002020.jpg

b0222467_19003868.jpg

短い時間の中で凝縮された内容で、意外と見応えがありました。

b0222467_19014551.jpg

b0222467_19015944.jpg

b0222467_19021449.jpg

b0222467_19023492.jpg

b0222467_19024752.jpg

b0222467_19025421.jpg

b0222467_19030305.jpg

2度目は本命の場所から飲食店のテラス席を予約して撮影することができました。この日はミュージック花火だったのですが、内容的には前回の方が良かったです...。

b0222467_19154350.jpg

b0222467_19155073.jpg

花火の後は前回と違う場所で東京タワー、スカイツリーのそれぞれを入れて車の光跡撮り。

今年は初めて訪れた花火大会が多かった年でした。来年は滋賀、茨城、新潟の花火も撮りに行きたいです。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-31 19:09 | 花火 | Comments(0)
遠距離の旅に出て、花火以外に腰を据えて撮影するのは初めてでした。
本当の目的地は別にありましたが、前日の天気予報を見て急遽立ち寄った静岡県静岡市清水区の薩埵峠。
富士山と車の光跡を撮りたくて富士市からレンタカーで向かいました。到着した当日は富士山の山頂に雲がかかっていたので夕方下見をしにいきました。ほとんど真っ暗になって山頂の雲が薄くなり始めているのを確認して翌日朝の3時に起きて再び訪れました。

b0222467_21220963.jpg

明るくなるまでの間にコンポジット撮影した中の1枚に流れ星が写っていました。

b0222467_21232381.jpg

駐車場から数分歩いて展望台に向かうのですが、朝4時過ぎの段階で展望台とその周辺に多くのカメラマンで溢れかえっていました。

b0222467_21250917.jpg

東名高速と国道1号線(富士由比バイパス)を走る車の光跡と富士山。12月初旬でしたが、道路が凍結する心配のない場所の中で一番行きたかった薩埵峠で良いコンディションの富士山が撮れてよかったです。

b0222467_21295983.jpg

薩埵峠で陽が昇るまで待って紅富士を撮るか悩みましたが、ふじのくに田子の浦みなと公園で富士山を見たい衝動に負けました。移動中に見た紅富士は見事でしたが、写真に収めることができなかったのが心残りです。。。

b0222467_21374132.jpg

富士市のホテルを後にして、この後は今年最後(だったはず)の花火撮影に向かいました。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-23 21:40 | 星景 | Comments(4)
b0222467_22170338.jpg

12月〜2月上旬の間、伯方島から大三島橋方面に達磨夕日が狙えます。去年から通い始めましたが、今日(2016/12/03)が今まで一番よかったです。
夕方因島を通過した頃から雲が多くて達磨夕日は厳しいかなと思っていましたが、水平線に夕日が近づくにつれて雲から出てくれました。次は雲がかかってない完全な達磨夕日を撮影したいです。

b0222467_22331410.jpg


b0222467_22222012.jpg

明日は天気が下り坂ということもあり、華やかな夕焼けが見れました。夕焼け写真の2枚は撮り方にこだわっているので見比べてみてください。見たままの色味を残したい撮り方をしたのが上の方で、下の方は海面の動きを流せるシャッタースピードにしてあるので最大に絞っています。4秒くらいのシャッタースピードで撮りたかったですが、明るさの関係で結果的に1.6秒が精一杯でした。やっぱりNDフィルターが欲しいなぁと感じた撮影でした。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-03 22:42 | 朝焼け・夕焼け | Comments(2)
6年ぶりに宍道湖へ夕日の撮影に出掛けました。申し分のない晴天でしたが達磨夕日を撮り逃した脱力感を相当引きずっていました。。。
b0222467_11104805.jpg
b0222467_11112362.jpg

雲ひとつない空のグラデーションと嫁が島、袖師地蔵。湖面を流すシャッタースピードにこだわって撮影しました。
b0222467_11113424.jpg


[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-03 11:15 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

三次市「高谷山の雲海」

霧の海の名所である三次市高谷山展望台へ行って来ました。
b0222467_21425983.jpg
約4時間待って深夜2時前にようやく霧が出始めました。展望台に到着した時に煌々と輝いていた街明かりが徐々に霧の下に隠れ、満天の星空の元で宝石箱のような幻想的な輝きに変わります。この画角でコンポジット撮影中、何度か雲が横切って星の日周運動は敢えなくボツになりましたが、唯一オリオン座の方角は晴れた状態が続いていたのが救いでした。
b0222467_21482919.jpg

b0222467_21490805.jpg
明け方の5時を過ぎると日の出と雲海目当てに人が集まり始めるのですが、この日は早々に切り上げました。霧が出始めて街明かりを霧がすっぽり覆うまでの約2時間半の間、展望台にいたのは自分ひとりだけで、1組のカメラマンが来たところで最後に展望台を入れて撮影しました。
b0222467_21542922.jpg

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-11-15 22:02 | 雲海 | Comments(0)
安佐北区から朝帰宅の名文句で知られる...じゃなくて雲海の名所で知られる荒谷山へ行って来ました。三次市に発生した霧が流れ込んで来るタイミングで撮ろうと夜10時に到着して、その時を待っていました。満天の星がキレイで、まず天の川を撮影しました。
b0222467_19215529.jpg


三次市の霧の発生状況をライブカメラで観察しながら、霧が街明かりに照らされる状態と星をコンポジット撮影するのが一番の目的でしたが、霧が出始めると上空の雲が増えて来たのが残念でした。
b0222467_19252125.jpg

b0222467_19252638.jpg


雲を逆手にとって魚眼レンズで撮影。天と地が雲と雲海で結ばれて意外と面白い写真になりました。
b0222467_19281973.jpg


霧が完全に街並みを覆い尽くす頃には寒くて帰りたくなったのですが、車が1台やっと通れるくらいの林道を3、4km下らなくてはならず、明け方に日の出と雲海を撮影しに来る車とバッティングする可能性が高いので、否応なしに安佐北区から朝帰宅する羽目になります。
b0222467_19322565.jpg

b0222467_19322911.jpg

b0222467_19323476.jpg


次こそは雲のない満天の星空と雲海を撮影したいです。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-11-06 19:35 | 雲海 | Comments(0)

星空を追いかけて

仕事帰りに夕日・夕焼けを撮影することが時期的に難しくなって来たので、これからは星空の撮影が増えると思います。まずはオリオン座流星群が極大になる10/21は鳥取県の大山まきばみるくの里へ行きました。この日の昼間、鳥取県中央部で震度6強のあり色々と心配でしたが、結果的に揺れを感じることなく撮影ができました。で、肝心の流星群は空振りに。。。 

b0222467_2059439.jpg


10/22は日曜日ということもあり夕焼けの撮影に出向きましたが、ギリギリの時間に着いてカメラをセットしている時にSDカードが本体に入ってないことに気づきました。車に取りに帰っているうちに秋雲の素晴らしい夕焼けのピークは過ぎており、家に帰って落胆したまま翌日が仕事にも関わらず、星空の撮影に出掛けました。

b0222467_210063.jpg


内海大橋の灯りは割と強めでf4まで絞って連続撮影をした100枚弱の写真を比較明合成しました。帰りは対岸の内海大橋の側まで近づいて1枚撮りをしました。

b0222467_20595337.jpg


そして最後に、その翌日も雲ひとつない晴天だったので残業から帰って撮影に。普通は星空を狙うには光害があるのですが、ライトアップしている福山城やJFEの煙突の灯りを見渡せる場所へ。比較明合成ありきの撮影をすると決めていたので最低でもシャッタースピード20秒くらいじゃないと撮影枚数が増えすぎて後々大変になります。そのシャッタースピードだとISO500、f7.1の設定でどうにか街明かりが白飛びしない状態でした。結果的に薄っすらとですが空全面に星の光跡を描くことができました。

b0222467_2102355.jpg


星を撮る時は、何と一緒に撮るか、星を点と線のどちらで撮るかなど、事前のシミュレーションすることも楽しみのひとつです。次は大銀杏のライトアップと星空を撮れたらいいなと思います。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-10-25 21:19 | 星景 | Comments(0)
2016/10/08 鴻巣花火大会(埼玉県)

今までで最も移動距離の長い花火撮影でした。福山駅→東京駅→大宮駅を新幹線で、大宮駅西口から20数kmほどレンタカーで会場駐車場へ向かいました。撮影場所を完全に決めてなかったので、昼過ぎから三脚2本持って4時間ほど練り歩きましたが良いロケーションは特になくて、駐車場から数分歩いて糠田橋越しに打ち上がる場所にしました。

b0222467_21272656.jpg

b0222467_21274473.jpg
b0222467_2128185.jpg
b0222467_21282343.jpg
b0222467_2129355.jpg
b0222467_21292157.jpg
b0222467_21295829.jpg

b0222467_2116334.jpg

b0222467_21162933.jpg

b0222467_21162358.jpg

b0222467_21161993.jpg

b0222467_21161281.jpg

b0222467_2116879.jpg

b0222467_2116526.jpg

b0222467_21155919.jpg

b0222467_21155534.jpg

b0222467_21155040.jpg

b0222467_21154632.jpg

b0222467_2115432.jpg

b0222467_21153762.jpg

b0222467_21152249.jpg


ラストの4尺玉(3尺5寸玉)は地上で爆発して打ち上げ失敗に終わりましたが、来年は成功することを祈っています。とにかくケガ人が出なくて良かったです。
b0222467_21151710.jpg

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-10-17 21:35 | 花火 | Comments(0)

晴天にも程がある

10/14の夕方から晴天続きで絶好の撮影日和で、まず国道2号線の延広町歩道橋で夕空と車のヘッドライト・テールライトの光跡撮影。
b0222467_0493787.jpg


翌日は深夜3時に起きて笠岡市大島中の海岸線を目指し、オリオン座方面に向けて月が山影に沈む頃を見計らって4時半くらいから約50分間星空のコンポジット撮影。
b0222467_20335628.jpg


岡山県西部で達磨朝日撮影の今季ラストチャンスと思って此処へ来ました。
b0222467_0495268.jpg


瀬戸大橋越しに昇る朝日...残念ながら島に遮られて完全な達磨朝日は来年3月まで持ち越しです。
b0222467_0495610.jpg

b0222467_049585.jpg


当日の夜は岡山市のライブハウスへ撮影に行く予定があったので、その前に坂出へ寄り道をして達磨夕日を狙いに行きましたが、水平線上に厚い雲があって撃沈でした。。。なかなかハードでしたが充実した週末でした。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-10-17 01:04 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

延広町の歩道橋

今年の春、たまたまこの歩道橋付近を通過中にキレイな夕空だったため急遽撮影した時、既に夕日は北寄りに沈む時期に差し掛かっていました。そしてこの秋、夕日が南寄りに戻ってくるのを見計らって、約半年ぶりに撮影しました。

b0222467_1355895.jpg

F値32、SS0.4Sで撮ったため車の光跡が流れてしまい、車の動きが止まるか止まらないかの設定で後日リベンジしたいです。

b0222467_1385629.jpg

本命はこちら。やはり車線の多い国道の車の光跡は撮っていて楽しいです。

最後に、べったり曇っていた別の日。気象条件に合わせてホワイトバランスを変えることでガラッと印象が変わります。

b0222467_13115041.jpg


もう数日撮影が可能なので、うっすら星の光跡も入れられるくらい粘ってみたいです。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-10-09 13:14 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D / Canon EOS 6D Mark Ⅱ


by XYZ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31