2017年2月25日の朝景

b0222467_07583363.jpg

朝の4時頃から天の川を撮影できる季節になりました。昨日は達磨朝日を狙う目的で寄島町(岡山県浅口市)を訪れ、天の川も撮りたかったので3時半に起床しました。寒かったので5時以降はコンポジット撮影用に設定をした後は車の中にいました。途中で雲が流れ込んで来たのでコンポジット写真はボツにしましたが、その中に流星が写っていましたので1枚ピックアップします。

b0222467_08113545.jpg

日の出時刻の30分前になるとキレイな細い月が昇ってきました。

b0222467_08143998.jpg

残念ながら達磨朝日になりませんでしたが、未明から星空、月、そして朝日の撮影を楽しめました。

b0222467_08145614.jpg


[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2017-02-26 08:17 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

雪の醍醐桜

b0222467_19245528.jpg


雪景色の醍醐桜を撮りたいと思ったものの、行くのをかなり躊躇っていました。道路が凍結する時間帯を除けば交通量の多い高速で北房まで難なく行けても、そこから10数kmの道路状態が心配だったからです。(総社〜北房JCTまで冬用タイヤ規制で時速50km制限でした。)県道84号線沿いの「醍醐桜まであと2.7km」の看板を左折するのですが、その先は山道です。轍を外れずに走ればスタッドレスを履いているので大丈夫だと思いましたが、帰りの下り坂が心配だったので車を置いて徒歩で向かいました。

山道はこんな状態でした。(iPhoneにて撮影)

b0222467_19530686.jpg

最後の1kmあたりからの勾配がきつく、気温が3〜4℃なのでかなり着込んでたということもあり、息切れと汗だく状態でなんとか到着。桜が満開になる頃に何度か訪れていますが、辺りが静まり返った雪景色の醍醐桜は格別でした。

b0222467_20002604.jpg

ライブカメラとほぼ同じアングルからレリーズのスイッチを入れっ放しにして、人間と醍醐桜の大きさを比較のために自撮り。静かに生を主張している真冬の醍醐桜は、すべてを包み込んでくれる懐の深さも感じました。

b0222467_20052681.jpg

帰る前にトイレの近くから光芒を入れて。

b0222467_20300748.jpg

今年は裏年で恐らく桜が満開になる前に散ってしまう可能性が高いですが、新日本名木100選のひとつで樹齢1000年の大木を間近で観るだけでも価値があります。
最後に桜のシーズンに撮ったライトアップや星景もアップしておきます。

b0222467_20160457.jpg

b0222467_20161938.jpg

b0222467_20163063.jpg

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2017-01-22 20:18 | 雪景色 | Comments(2)

雪景色を追いかけて

2017/01/15
前夜から雪が降り続いた日曜日の朝、雪化粧をした金閣寺の撮影のために京都を目指しました。
雪が溶けないうちに始発の新幹線で出来るだけ早い到着を目指しましたが、福山市は滅多に雪が積もらないので
新幹線上りホームから雪化粧をした福山城を日の出前後に撮影したくて出発を少し遅らせました。
結果的に朝焼けが北西の空まで淡く染めて、雪と城壁の白を引き立ててくれました。

b0222467_21303274.jpg

始発から雪の影響で新幹線が遅れて到着となり、日の出後の青空と福山城も撮る時間がありました。
去年の夏は夕焼け、年明けに星空、そして雪化粧。必然的に春は桜と福山城を撮る意欲が湧きます。(新幹線ホームからは桜が見えない気がしますが...。)

b0222467_21350130.jpg

京都駅に約20分遅れで到着。金閣寺行きの京都市営バス乗り場は既に長蛇の列。ほぼ満車状態で出発しました。
金閣寺道の停留所から入場券売り場まで通常徒歩2、3分程度の距離を約1時間並んでようやく雪化粧の金閣寺に辿り着きました。

b0222467_21440464.jpg

厳かで言葉にできない感動的な写真ですが、撮影場所は周辺の人との距離はほぼゼロ。最前列に行ける気配はなくて両腕を目一杯伸ばして撮影するのがやっとでした。

b0222467_21464392.jpg

この週末も雪の予報。次の雪景色を楽しみに淡々と時間が過ぎて行く今日この頃です。



[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2017-01-17 21:49 | 雪景色 | Comments(0)

夜な夜な星景撮影

1/3は「しぶんぎ座流星群」のピークということで撮影に出掛けました。
星の撮影ならもっと山奥へ行って街明かりの影響を受けない場所で広角や魚眼レンズを使って空を広く入れる方が流れ星が写る可能性は高くなります。
それより「星と何を一緒に撮るか」に重きを置いて何点か候補を挙げて、それぞれ1時間ずつコンポジット撮影をして比較明合成しました。

まず最初に福山駅の新幹線ホームから福山城を入れて撮影。福山城のライトアップが終わる22時過ぎから最終が到着する0時までが撮影のチャンスです。
以前福山城と夕焼けを絡ませたことがあり、このアングルから星を撮ってみたかったのです。

b0222467_21231824.jpg

次は曙公園のSL(D51)を入れて撮影。ここは10歳まで住んでいた家から徒歩1、2分で来れる思い出の場所です。
当時は柵を乗り越えてかくれんぼをして遊んでいました。

b0222467_21255928.jpg

最後に内海大橋へ。橋のライトアップが海に写り込んで夜に撮影するのが好きな場所です。
流星群の放射点が北東ということでこのアングルで構えましたが、結果は惨敗。。。

b0222467_21281206.jpg

三大流星群のひとつなので期待していましたが、なかなか甘くないですね。。。
それでも最小限の移動で長く撮影できて、とても有意義でした。


[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2017-01-04 21:31 | 星景 | Comments(2)

2017年初日の入り

あけましておめでとうございます。
昨年と同様に初日の入りを撮りに愛媛県今治市「伯方島」を訪れました。
GPVで雲を確認すると日没時刻は九州一帯まで雲ひとつなく、高確率で達磨夕日になると期待していました。

b0222467_14592152.jpg

夕日の水辺線が赤く灯る瞬間はなんとも言えません。

b0222467_15022619.jpg

島を噛んでしまいましたが、元日に達磨夕日を撮ることができました。
この位置まで沈むまで島が見えないのが難儀ですが、申し分ない夕日の色に感無量です。

b0222467_15043852.jpg

元日なので期待していませんでしたが漁船が夕日の手前を走り抜けました。

b0222467_15060227.jpg

最後は島を完全に抱きかかえて夕日が沈んでいきました。新年早々キレイな夕日が撮れて良かったです。
今年もよろしくお願いします。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2017-01-03 15:08 | 朝焼け・夕焼け | Comments(2)

お台場レインボー花火

今年は県外の花火を多く撮影する機会がありました。締め括りは数年前から気になっていた東京都の「お台場レインボー花火」です。

b0222467_18571399.jpg

10分間の短い花火の割に人気の高いスポットは早い時間から三脚が埋まっているので、比較的空いている海沿いを陣取りました。

b0222467_18593391.jpg

b0222467_18594733.jpg

b0222467_18595818.jpg

b0222467_19000566.jpg

b0222467_19001261.jpg

b0222467_19002020.jpg

b0222467_19003868.jpg

短い時間の中で凝縮された内容で、意外と見応えがありました。

b0222467_19014551.jpg

b0222467_19015944.jpg

b0222467_19021449.jpg

b0222467_19023492.jpg

b0222467_19024752.jpg

b0222467_19025421.jpg

b0222467_19030305.jpg

2度目は本命の場所から飲食店のテラス席を予約して撮影することができました。この日はミュージック花火だったのですが、内容的には前回の方が良かったです...。

b0222467_19154350.jpg

b0222467_19155073.jpg

花火の後は前回と違う場所で東京タワー、スカイツリーのそれぞれを入れて車の光跡撮り。

今年は初めて訪れた花火大会が多かった年でした。来年は滋賀、茨城、新潟の花火も撮りに行きたいです。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-31 19:09 | 花火 | Comments(0)
遠距離の旅に出て、花火以外に腰を据えて撮影するのは初めてでした。
本当の目的地は別にありましたが、前日の天気予報を見て急遽立ち寄った静岡県静岡市清水区の薩埵峠。
富士山と車の光跡を撮りたくて富士市からレンタカーで向かいました。到着した当日は富士山の山頂に雲がかかっていたので夕方下見をしにいきました。ほとんど真っ暗になって山頂の雲が薄くなり始めているのを確認して翌日朝の3時に起きて再び訪れました。

b0222467_21220963.jpg

明るくなるまでの間にコンポジット撮影した中の1枚に流れ星が写っていました。

b0222467_21232381.jpg

駐車場から数分歩いて展望台に向かうのですが、朝4時過ぎの段階で展望台とその周辺に多くのカメラマンで溢れかえっていました。

b0222467_21250917.jpg

東名高速と国道1号線(富士由比バイパス)を走る車の光跡と富士山。12月初旬でしたが、道路が凍結する心配のない場所の中で一番行きたかった薩埵峠で良いコンディションの富士山が撮れてよかったです。

b0222467_21295983.jpg

薩埵峠で陽が昇るまで待って紅富士を撮るか悩みましたが、ふじのくに田子の浦みなと公園で富士山を見たい衝動に負けました。移動中に見た紅富士は見事でしたが、写真に収めることができなかったのが心残りです。。。

b0222467_21374132.jpg

富士市のホテルを後にして、この後は今年最後(だったはず)の花火撮影に向かいました。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-23 21:40 | 星景 | Comments(4)
b0222467_22170338.jpg

12月〜2月上旬の間、伯方島から大三島橋方面に達磨夕日が狙えます。去年から通い始めましたが、今日(2016/12/03)が今まで一番よかったです。
夕方因島を通過した頃から雲が多くて達磨夕日は厳しいかなと思っていましたが、水平線に夕日が近づくにつれて雲から出てくれました。次は雲がかかってない完全な達磨夕日を撮影したいです。

b0222467_22331410.jpg


b0222467_22222012.jpg

明日は天気が下り坂ということもあり、華やかな夕焼けが見れました。夕焼け写真の2枚は撮り方にこだわっているので見比べてみてください。見たままの色味を残したい撮り方をしたのが上の方で、下の方は海面の動きを流せるシャッタースピードにしてあるので最大に絞っています。4秒くらいのシャッタースピードで撮りたかったですが、明るさの関係で結果的に1.6秒が精一杯でした。やっぱりNDフィルターが欲しいなぁと感じた撮影でした。

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-03 22:42 | 朝焼け・夕焼け | Comments(2)
6年ぶりに宍道湖へ夕日の撮影に出掛けました。申し分のない晴天でしたが達磨夕日を撮り逃した脱力感を相当引きずっていました。。。
b0222467_11104805.jpg
b0222467_11112362.jpg

雲ひとつない空のグラデーションと嫁が島、袖師地蔵。湖面を流すシャッタースピードにこだわって撮影しました。
b0222467_11113424.jpg


[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-12-03 11:15 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

三次市「高谷山の雲海」

霧の海の名所である三次市高谷山展望台へ行って来ました。
b0222467_21425983.jpg
約4時間待って深夜2時前にようやく霧が出始めました。展望台に到着した時に煌々と輝いていた街明かりが徐々に霧の下に隠れ、満天の星空の元で宝石箱のような幻想的な輝きに変わります。この画角でコンポジット撮影中、何度か雲が横切って星の日周運動は敢えなくボツになりましたが、唯一オリオン座の方角は晴れた状態が続いていたのが救いでした。
b0222467_21482919.jpg

b0222467_21490805.jpg
明け方の5時を過ぎると日の出と雲海目当てに人が集まり始めるのですが、この日は早々に切り上げました。霧が出始めて街明かりを霧がすっぽり覆うまでの約2時間半の間、展望台にいたのは自分ひとりだけで、1組のカメラマンが来たところで最後に展望台を入れて撮影しました。
b0222467_21542922.jpg

[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2016-11-15 22:02 | 雲海 | Comments(0)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D


by XYZ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30