燃焼

今日は'11年6月~8月に撮影した朝焼け・夕焼けの写真をお届けします。

撮影日:2011年6月21日(火)19:36 
撮影場所:広島県福山市「河口大橋」

まだ梅雨が明ける前の束の間の晴れ間が広がった夕方、仕事から帰ってカメラを持って出掛けました。陽の沈む方角が最も北寄りになる夏至の前日でしたので、芦田川の最下流の「河口大橋(堰)」で撮影しましたが、風があって川の流れが激しかったので、水面に映り込まなかったのが残念でした。

b0222467_9523091.jpg


撮影日:2011年7月20日(水)19:15
撮影場所:広島県福山市「グリーンライン」

台風が通り過ぎた日で、まだ上空の風が強く雲がよく流れていました。日の入前から雲が太陽に黄金色に染められていて、日没後はダイナミックに燃え上がりました。グリーンラインから尾道水道を見渡せる場所の駐車スペース入口付近に立っている木を「夕映えの木」と勝手に名付けています(笑)

b0222467_103452.jpg


撮影日:2011年8月3日(水)19:22
撮影場所:岡山県笠岡市神島

夏になると必ず訪れる大好きな夕陽スポットです。この近くの干拓地に「道の駅 笠岡ベイファーム」がオープンし、そこにある100万本のひまわり畑で陽が沈むのを見届けて、この場所に移動しました。幾重にも色づいた空の上に浮かぶ夕月がワンポイントになった夕焼け空です。

b0222467_1010848.jpg


撮影日:2011年8月8日(月)19:14
撮影場所:広島県福山市「内海大橋」

夏至から1ヶ月以上経ったので、だいぶ西寄りに夕陽が帰ってきました。それに合わせて撮影場所も西へ移動するのです。これを撮影したのより、もっと雲が焼けた写真がありましたが、色加減が気に入ってチョイスした写真です。

b0222467_10551843.jpg


撮影日:2011年8月14日(日)5:22
撮影場所:広島県福山市「後山公園展望台」

5時前に目が覚めて東の空を見上げると「焼ける!」と確信があったので、大急ぎで出掛けました。思ったよりも遅く色づき始めたので、展望台に着いた直後がちょうどいい見頃で、写真に収まりきらないほど広範囲に焼けました。

b0222467_115236.jpg


朝焼けや夕焼けを見ていると、生き切った誰かの命が空いっぱいに放出されているような気がします。再び陽が昇り、生まれ変わる空の下で、今日僕は生きています。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-08-18 11:11 | 朝景・夕景 | Comments(0)

青い空白い雲

本格的にカメラを始めたのは2007年で、「SONY Cyber-shot DSC-T50」というコンパクトデジカメをどこへ行く時も持ち歩いていました。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、カメラを持つことによって視界に飛び込んでくる世界観が変貌しました。今回はふとした瞬間に遭遇した光景をお届けします。

現在残してある一番古い写真ですが、鮮やかな空がヤマダ電機の店舗に写り込んでいました。用事があって松永町の旧2号線の歩道を歩いていた時に撮った写真です。

2007.03.18 13:39
b0222467_127346.jpg


紫陽花の咲く頃、府中市の神宮寺に向かう途中で何やら翼の形をした雲に遭遇して、車を路肩に停めて撮りました。「天使の忘れ物」と名付けたこの写真を撮った頃から、急激にカメラの面白さが増して来ました。

2007.06.23 09:22
b0222467_12105886.jpg


内海町の横山海岸で陽が沈むのを待っている時、別の方角で飛行機雲と別の雲の固まりが融合した瞬間に”龍”が現れました。連続で3枚撮った中の最初の1枚以外は形が崩れていました。「これだから写真は止められないなぁ」と強く感じた瞬間でした。

2008.12.27 16:57
b0222467_1218035.jpg


仕事の帰りに夕立が収まって晴れた瞬間に虹が出ました。できれば電柱や建物などのないアングルで写真を撮りたくて、10分くらい車を走らせて辿り着いたのは、たまたま「天使の忘れ物」を撮った場所でした。

2010.09.21 17:06
b0222467_123239100.jpg


次回は季節の花々の写真をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-06-30 12:31 | 地球 | Comments(0)

太平洋を望む旅

年に1度くらいは撮影をしに遠出しています。写真を始めた2007年は、横浜ランドマークタワーからの眺めを楽しんだり、山下公園を散策したり、鎌倉駅から江ノ電に乗って稲村ヶ崎まで行って、水平線のある海を堪能しました。島々が点在する瀬戸内海沿岸で生活しているので、水平線の広がる海は本当に新鮮です。



国道134号線の下り線にある「飯島トンネル」を抜けると鎌倉市に入ります。

2010.12.11 12:56
b0222467_1823483.jpg


稲村ヶ崎から天気が良いと江ノ島と富士山を見渡すことができます。初めて行った2007年から毎年訪れても霞んでいたり、富士山に雲がかかっていたのですが、去年ようやく抜群の晴天に恵まれました。

2010.12.12 07:42
b0222467_18274611.jpg


水平線から昇る朝陽を見たかったのですが、残念ながら12月の江ノ島近辺の陽が昇る方角は三浦半島方面でしたので、福山に帰ってから数日経って高知県の室戸岬まで行きました。



深夜1時半頃に突然思い立って行ったので、日の出時刻に間に合うか心配でしたが、着いたのは日の出時刻の10分前でした。

2010.12.25 07:00
b0222467_18352142.jpg


水平線付近は雲に覆われていて、思い描いていた昇陽は見ることができなかったので、また行こうと思います。

2010.12.25 07:17
b0222467_18382100.jpg


次回は空と雲の瞬間的な記録をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-06-22 18:41 | 太平洋 | Comments(0)

宍道湖の夕陽

瀬戸内海沿岸に住んでいますと、時々水平線の広がる海を見たい衝動に駆られます。カメラを始めた年のゴールデンウィークに島根県の日本海沿岸にある「道の駅 キララ☆多岐」まで夕陽の写真を撮りに行ったことがあるのですが、「宍道湖に夕陽の良いスポットがあるよ!」と人から勧められて、去年の4月に2回行きました。



人気撮影スポットになっている場所は、宍道湖にある唯一の島「嫁ヶ島」です。駐車スペースや夕陽鑑賞のためにデッキも設けてあり、陽が沈み始めると100人近くの人が集まって来ます。

2010.04.03 18:24
b0222467_17385141.jpg


少し東に歩くと袖師地蔵が建っています。姑からイジメを受けた嫁が逃げ出し、近道をしようと凍った宍道湖を渡ろうとしたが凍ってない場所から落ちてしまい、それを哀れに思った神様が一夜のうちに島を浮き上がらせたという言い伝えがあります。その嫁ヶ島に向かって建てられているのが袖師地蔵です。

2010.04.29 18:08
b0222467_17461997.jpg


2度目に行った時は風が強くて宍道湖も荒れていていましたが、陽が沈む間際まで粘って撮影しました。

2010.04.29 18:43
b0222467_17492530.jpg


次回は太平洋沿岸で撮影した写真をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-06-19 17:51 | 宍道湖・日本海 | Comments(0)

筆影山の海霧

三原市筆影山の名物になっている”海霧”です。初冬の早朝に見られる現象で詳しい発生要因は知りませんが、おそらく瀬戸内海に注がれる沼田川と瀬戸内海の水温差で霧が発生するのだと思います。



2010.11.27 06:44
b0222467_12412563.jpg


山間部の雲海との大きな違いは船が通ることです。

2010.11.27 06:49
b0222467_1243361.jpg


朝陽が射して乱舞する海霧は圧巻でした。左上に因島大橋を入れたショットがお気に入りです。

2010.11.27 07:03
b0222467_12452738.jpg


展望台から撮影したのですが、海岸線からも海霧を見てみたいです。

2010 11.27 07:23
b0222467_12484230.jpg


次回は宍道湖の夕陽をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-06-12 12:50 | 三原市筆影山 | Comments(0)

高谷山の雲海

シーズンになるとローカルニュースにも取り上げられる有名な雲海スポットです。”霧の海”と呼ばれるだけあって、すっぽり霧で覆われた一帯を目の当たりにすると本当に圧巻です。



3年ほど通いましたが、”霧の海”に一度も遭遇できないでいました。昨年ようやく念願が叶いました。

2010.12.05 07:07
b0222467_16113834.jpg


2010.12.05 07:14
b0222467_1612126.jpg


2010.12.05 07:15
b0222467_16124790.jpg


次回は三原市筆影山の海霧をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-05-29 16:18 | 三次市高谷山 | Comments(2)

弥高山の雲海

去年神石高原町の星居山に行ってみると、展望台の周りの木が茂っていたので、景観が若干悪くなっていました。同じく雲海で有名な岡山県の弥高山に行くようになったのですが、道中の山道はそれほど狭くなく、家から1時間強で着くので、車でのアクセスも比較的楽でした。



日の出前になると50名を超える人で賑わう雲海スポットです。

2010.10.16 05:58
b0222467_17455694.jpg


陽が昇った後は雲海が揺らめいて、何とも言えない自然界の神秘に目を奪われます。

2010.10.16 06:37
b0222467_17473268.jpg


去年初めて訪れましたが、晴れの予報で朝の冷え込みがあると、高い確率で雲海が発生していました。

2010.11.06 06:41
b0222467_17492629.jpg


次回は三次市高谷山の雲海をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-05-22 17:50 | 岡山県弥高山 | Comments(2)

星居山の雲海

雲海と言えば三次市の高谷山が有名ですが、2度行って2度とも外れだったので、近場で雲海の有名なスポットがないか探して見つけたのが神石高原町の星居山です。



日の出時刻の30分前に展望台に着くために、まだ暗い中を山頂登り口から10分程度歩いて行かないといけないのですが、何度行っても気味が悪いです。でも、それを乗り切ると自然の神秘が待ち受けています。

2008.10.12 06:02 雲海と朝焼け雲
b0222467_23352385.jpg


2008.10.12 06:26 朝陽が射して黄金に輝く雲海
b0222467_23374243.jpg


展望台で雲海を満喫した帰り道に思いがけない光景に目を奪われて、思わず車を停めて撮った写真です

2007.11.10 08:49
b0222467_23414777.jpg


明らかに市街地と比べて空気が澄んでいることを実感できます。

2010.10.02 07:38
b0222467_2343095.jpg


次回は岡山県の弥高山の雲海の写真をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-05-17 23:44 | 神石高原町星居山 | Comments(0)

笠岡市神島の夕景

なんとなく昼間通りかかった時、陽が沈むタイミングで来れば良い絵になりそうだと思っていた場所でした。JFEスチール(西日本製鉄所)を見渡すことができて、潮が引くと歩いて渡れる小さな島がワンポイントになります。今年も梅雨に入る前に撮影に行こうと思っています。



2010.08.02 19:09
b0222467_8514382.jpg


2009.05.10 18:47
b0222467_8582379.jpg


2008.08.02 18:55
b0222467_8593560.jpg


次回は神石高原町「星居山」の雲海などの写真をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-05-15 09:05 | 笠岡市神島 | Comments(0)

尾道水道の夕景

11月中旬から1月中旬にかけて、夕陽に染まる尾道水道を楽しむことが出来ます。絶好の撮影場所は尾道市の「浄土寺展望台」で、前方の向島や尾道大橋~三原方面まで見渡せるスポットです。

2009.01.15 16:32
b0222467_2219263.jpg


2009.11.21 16:37
b0222467_22175587.jpg


日の入りから30分くらい経過すると、夜景も楽しめます。

2010.01.29 18:11
b0222467_2222730.jpg


今使っているカメラ(OLYMPUS PEN E-PL1s)に搭載されているジオラマモードで撮影するのにとても適しています。

2011.01.04 14:12
b0222467_22273673.jpg


2011.01.04 14:29
b0222467_22262376.jpg


次回は笠岡市神島の夕景をお届けします。
[PR]
# by Yoshinobu_Kanao | 2011-05-08 22:29 | 浄土寺展望台 | Comments(0)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D / Canon EOS 6D Mark Ⅱ


by Yoshinobu.Kanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28