星空を追いかけて

仕事帰りに夕日・夕焼けを撮影することが時期的に難しくなって来たので、これからは星空の撮影が増えると思います。まずはオリオン座流星群が極大になる10/21は鳥取県の大山まきばみるくの里へ行きました。この日の昼間、鳥取県中央部で震度6強のあり色々と心配でしたが、結果的に揺れを感じることなく撮影ができました。で、肝心の流星群は空振りに。。。 

b0222467_2059439.jpg


10/22は日曜日ということもあり夕焼けの撮影に出向きましたが、ギリギリの時間に着いてカメラをセットしている時にSDカードが本体に入ってないことに気づきました。車に取りに帰っているうちに秋雲の素晴らしい夕焼けのピークは過ぎており、家に帰って落胆したまま翌日が仕事にも関わらず、星空の撮影に出掛けました。

b0222467_210063.jpg


内海大橋の灯りは割と強めでf4まで絞って連続撮影をした100枚弱の写真を比較明合成しました。帰りは対岸の内海大橋の側まで近づいて1枚撮りをしました。

b0222467_20595337.jpg


そして最後に、その翌日も雲ひとつない晴天だったので残業から帰って撮影に。普通は星空を狙うには光害があるのですが、ライトアップしている福山城やJFEの煙突の灯りを見渡せる場所へ。比較明合成ありきの撮影をすると決めていたので最低でもシャッタースピード20秒くらいじゃないと撮影枚数が増えすぎて後々大変になります。そのシャッタースピードだとISO500、f7.1の設定でどうにか街明かりが白飛びしない状態でした。結果的に薄っすらとですが空全面に星の光跡を描くことができました。

b0222467_2102355.jpg


星を撮る時は、何と一緒に撮るか、星を点と線のどちらで撮るかなど、事前のシミュレーションすることも楽しみのひとつです。次は大銀杏のライトアップと星空を撮れたらいいなと思います。
[PR]
by Yoshinobu_Kanao | 2016-10-25 21:19 | 星景 | Comments(0)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D


by XYZ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31