2015年の夕景

深い霧で夜が明けた3月のある日、仕事帰りにグリーンラインから内海大橋を望む夕景の撮影に向かっていたところ、反対側の瀬戸内海方面に霧が押し寄せていました。霧というより、かなりまとまった雲海でした。当初予定していたスポットから数百メートル直進すると鞆の仙酔島や漁港を見渡せる平谷橋があるので予定を変更して撮影! 僅か3名のカメラマンで、「もう一生見ることができない光景ですね!」と歓喜の声を上げました。

b0222467_22371355.jpg


初夏が近づくと芦田川大橋と夕陽のコラボ写真をこの数年撮り続けています。単に橋だけではなく、橋を通る車やウォーキングをする人や自転車で通る人と絡ませるのが好きです。東詰の橋の上は空がかなり開けており、陽が沈む間際になると名も知らぬ人たちがオレンジ色のスクリーンに映し出されます。

b0222467_22463351.jpg


b0222467_22464241.jpg


梅雨が明ける頃や夏の終わりかけに今年は夕焼けの写真をたくさん撮影しに出掛けました。日没後、薄めの雲が風に流されてタイミングよく広範囲に焼けた時は嬉しいです。

b0222467_2252178.jpg


b0222467_22523130.jpg


b0222467_22522685.jpg


b0222467_22524381.jpg


朝陽や夕陽を撮影する時、手前に海や川などの水面があると焼けた空と同じ照準で撮影できるので楽です。一方、手前に街並みがある場合、空に照準を合わせると街並みは暗くなり、シルエットになっても形状が読み取れるランドマークでもない限り、良い絵になりにくいのです。逆に街並みに照準を合わせると空が明るくなりすぎるので、空と街並みの別々に照準を合わせた2枚の写真をHDR処理(ハイダイナミックレンジ合成)したのが次の写真です。

b0222467_233189.jpg


空と街並みの両方を強調させ過ぎた仕上がりになっていますが、今までにない面白い写真になったので、今後も尾道の街並みと夕空などでも試してみたい撮影方法です。

普段は撮影した当日のうちにFacebookに投稿していますが、こうして遡って写真をピックアップしながら当ブログを更新する予定です。次の投稿はいつになるのやら...。
[PR]
by Yoshinobu_Kanao | 2015-10-29 23:08 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D


by XYZ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30