福山城のシルエットと部分日食撮影

もう忘れた方もいらっしゃるかも知れませんが、部分日食の写真を公開します。全国的に金環日食で話題になっていましたが、僕の住んでいる地域で見ることは不可能でした。当日は月曜日でしたが、前日に友人の披露宴に出席したということもあり(こじつけ?)、有給を取っていたので撮影することができました。日食の最大規模の時間帯と時期的に太陽の昇る方角を加味して、最適な撮影場所を考えた結果、福山美術館から福山城のシルエットを入れることにしました。

2012/05/21 07:15
b0222467_22383989.jpg


今思えばもっと福山城に近づいて撮影するべきでした。しかし、年中空を見上げている僕にとって、道行く人々がこぞって空を見上げている光景は滑稽に写りましたが、それが普通なのかも知れません。瞬間的な空の芸術に魅了されて朝陽の撮影を始め、それを心に焼きつけ続けてこそ生きる価値があると思っていました。しかし本来の生きる価値は空の下で出会った人々と同じ時間を過ごす中で、感性を培っていかなければ意味がないと思い始めています。本当の意味での心の開放...それがこれからの人生の課題になりそうです。

2012/05/21 07:21
b0222467_2254887.jpg

[PR]
by Yoshinobu_Kanao | 2012-08-12 22:54 | 朝焼け・夕焼け | Comments(0)

使用カメラ履歴:SONY Cyber-shot DSC-T50 / Panasonic LUMIX DMC-FZ18/28/38/150 / PENTAX K-x / OLYMPUS PEN Lite E-PL1s / Canon EOS 60D / Canon EOS 7D Mark II / Canon EOS 6D


by XYZ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30